愛媛ボランティアネット愛媛県 ボランティア
利用規約文字の大きさサイトマップ利用の手引きお問い合わせ
トップへ助成情報助成情報詳細
助成情報


助成情報詳細

文化財保存修復助成


助成元
(公財)文化財保護・芸術研究助成財団
URL
助成金額
上記HPをご覧ください。
締切り日
随時
備考
【助成対象】
文化財の保護、芸術研究に係わる助成事業を実施します。
・国内文化財の保存修復に対する助成
・芸術研究に係わる諸活動の助成
・文化財の保護に関する調査研究に対する助成
・文化財の保護及び芸術研究に関する国際的な交流、協力に対する助成

【申請区分】
1.文化財保存修復助成
都道府県指定又は市町村指定文化財で、都道府県の補助対象事業として修理等を予定している美術工芸品、建造物文化財又は有形民俗文化財(記念物及び無形文化財は除く)のうち、所有者の負担が大きいものに対する助成
2.研究助成
a.文化財の保存修復並びに芸術研究に係る研究者(研究機関)の国内外における調査b.文化財の保存修復並びに芸術研究に係る共同研究・セミナー等のために外国の研究者、芸術家を短期に日本に招聘するための経費の助成
c.文化財の保存修復並びに芸術研究に係る研究者が関連のある国際会議に参加する経費の助成
3.事業助成
文化財の保存修復並びに芸術研究に係わる国際協力事業、シンポジウム開催、人材の養成、企画展、演奏会、出版等のための経費の助成
4.外国人研修員制度
文化財の保存修復業務に従事する外国の専門家を長期間日本に招致し、わが国の文化財保存修復技術を習得させることを目的とした制度
5.在外研修員制度
文化財の保護に係わる研究者を長期間海外の研究機関に派遣し研修させ、その資質の向上を図ることを目的とした制度

【応募資格】
・文化財保存修復助成については、その所有者(又は管理者)であること。所有者は教育委員会と相談のこと。
・研究助成・事業助成については、大学、研究機関等において、文化財の保護並びに芸術研究に関する専門分野の諸研究を行うことを目的とした研究者で、実務及び研究について十分な実績を有する者であること。
また、外国の研究者、芸術家を招致する場合、受入機関が文化財保護並びに芸術研究の領域において十分な実績を有していること。
国際会議出席の場合は、単なる参加者ではなく会議の発表者又は座長の役割を持ったものであること。
・外国人研修員については、外国籍を有し、35歳未満の者で、文化財関係機関において文化財の保存修復業務に従事して3年以上の実務経験を有するもの。(所属機関及び受入機関の内諾を受けていること)
・在外研修員派遣については、日本国籍を有し、45歳未満の者で、文化財保護に関する専門コースの大学院博士課程を修了した者又は修士課程を修了し3年以上の実務経験を有する者(受入機関の内諾を受けていること)

【申請先】
〒110-0007 東京都台東区上野公園12‐50
(公財)文化財保護・芸術研究助成財団 総務係
TEL:03-5685-2311 FAX:03-5685-5225
e-mail:shinsei@bunkazai.or.jp

※詳細につきましては、上記HPをご覧ください。


〒790-8570 愛媛県松山市一番町4丁目4-2
愛媛県(法人番号1000020380008)
 県民環境部男女参画・県民協働課
TEL: (089) 912-2305 FAX: (089) 912-2444
Mail:danjokyodo@pref.ehime.lg.jp